レーシックをすることによって裸眼生活を取り戻せます

確実ではない、ということが前提になりますが、レーシックによって、裸眼生活を取り戻すことができるようになります。要するにレーシックは視力を回復する手術であるわけです。具体的にはレーザーを使って、角膜の形を整えます。これはとても重要なことであり、これによって視力が戻るわけです。逆をいいますとこの形が悪くなっているから視力が出ない状態になってしまったともいえます。レーザーを照射するわけですが、これ自体はそこまでリスクがあるわけではないです。機械がやることですし、その行為自体が失敗する、ということはないです。それこそがレーシックの良いところでもあります。しかし、問題はその後です。レーザー自体が成功したとしてもそれが目に馴染むのか、ということはまた別問題であるからです。ですから、裸眼視力を取り戻す為にレーシックをするのはとてもよいことではありますが、後遺症や体に馴染むことに失敗するリスクに関しても覚悟しておくべきでしょう。それでも尚、やる価値があると考えてよいのはやはり裸眼には魅力があるからです。つまりは、目に関する不利なことがありますから、治せるのであれば治した方がよいにきまっています。但し、リスクもあるわけです。レーシックとは、角膜をレーザー光線でけずり、角膜形状(角膜のカーブを変える)に変化をつけることによって屈折異常を矯正する手術の1つです。レーシックのメリットは、メガネやコンタクトレンズを使用することなく生活ができるようになるので、わずらわしさがなくなり、コンタクトレンズ使用時の異物感や乾燥感、ゴミが入り痛くなるなど、そういったことから解放され、また、費用の節約にもなります。レーシックのデメリットととしては、初期コストが高いことがあげられます。しかし、これは長い目でみるとペイできます。次に、高度の近視や乱視の人では十分に効果を得ることができない可能性があります。これは、レーシックによる矯正の度数に限度があるためです。他に角膜をけずるため、角膜の薄い人もレーシック手術をうけることができません。安全性は高いですが、手術なのでリスクがゼロではありません。術後に合併症がでる可能性もあり注意が必要です。また、老眼はレーシックでは矯正することができません。このようにレーシック手術にはデメリットも伴いますが、手術をおこなうメリットはとても高いです。最後にレーシックでの矯正は、手術を行う時点での屈折異常を矯正するもので、近視の進行を止める効果はないため、レーシック手術を受けたあとは、暗いところで携帯や本を使用・読まない、テレビを近くで見ないなど、目に優しい生活を心がけなくてはなりません。

ヴェルニ